マツダを選んでしまうのは何故かなのか?

私はあまり車に詳しくないからか、いざ車を買おうとすると、何故かいつもマツダなんです。

基本的に車は走りさえすればいい。特に最高速度や加速が速いといったことにはあまり興味がありません。
むしろこだわるなら内装の居心地の良さとか、使い勝手の方を重視しますね。

使い勝手という点では、カーナビが使いやすいこととか、荷物がたくさん載せられる、同乗者もある程度ゆったり乗って貰える点でしょうかね。

車に詳しい人からすると、

トヨタ・ホンダ・日産 = 一流

スバル = 二流(マニア向け?)

マツダ = 三流

と位置付けられているようですが、気にしません(笑)
だって今までマツダで後悔したことがないですし、損したこともないですし、トラブルで悩まされたことがないからです。

逆にあまのじゃくな私は特にトヨタなんかの車は多くの人が乗っているわけですから、逆に意図的に避けたくなります。

私は車種も詳しくないので、ステップワゴン、ヴォクシー、セレナとか聞いてもすぐにどこのメーカーかが思い浮かばないんですよ。
で、いざ車を買おうとするときはCMで見かけたりして直感で選ぶことが多いです。

一応仕様なんかを確認していきますが、最終的には最初に直感で選んでいたものになることがほとんどです。

それで結局選ぶのがマツダなんですよね。

何故なんだろう?(笑)

最初に買ったのはデミオでした。このデミオについてはまた改めて書きたいと思いますが、今のデミオのデザインは正直嫌いです(笑)

何はともあれ、私は今まで車を2回買い替えていますが、全てマツダです。

そのいきさつは改めて紹介していきたいと思いますね。

ではでは。